So-net無料ブログ作成
検索選択

大分までの航空券を購入 [飛行機に乗る話]

今年の3月に祖母が亡くなったので、初盆のために大分に行くことになりました。

法事はなんと13日です。

飛行機だとか新幹線だとかで、移動がもっともたいへんな時期は日本においては

3回あります。年末年始、お盆、5月の大型連休です。

この時期はニュースも渋滞とか、空の便も満席ですというようなアナウンスで

これは毎年同じ原稿を使い回しているだろうと思ってしまいます。

そのまっただ中に大分までフライトすることになりました。

最初はマイレージで航空券を確保しようかと思ったのですが、とてもじゃないが

そんな時期に特典航空券が取れそうにはない。

どうしようかと思いましたが、今回はスーパー先得という最も安いフライトを確保。

最初はぜんぜん空いていなかったので、どうしようかと思いましたが、

2,3日おきにチェックしていると、少しずつ空席が出たりしている。

それでも、往復で6万とかになってしまう。

これは痛い。

九州だから、福岡空港を使うのも考えた。

羽田~福岡は日本でも札幌と競う便の多さ。

確かに航空会社を変えたりすれば安くいける。

しかしそれでも片道で17000円以上はするし、レンタカーやバスやJRで大分まで

移動するのはまたお金と体力が必要。

そこで次に北九州空港を検討。

これも確かにわりと安いフライトがある。

しかし、遅い時間に着く便の時には、レンタカーの店が開いていないという

問題点がある。

さて、どうしよう。

それぞれ簡単ではない。

そこで、いったん、北九州空港のフライトもおさえてみたり、大分空港も

こまめにチェックした結果、大分空港往復で5万円弱のチケットを予約。

キャッシュが出ていくときついので、マイルを航空券代に充てられる eクーポンに

交換して3000円くらいの現金で航空券をゲットしました。

1万マイルを15000円に交換します。ですから3万マイルを使いました。

まめに貯めていたマイルは、こういう形で僕の窮状を救ってくれました。

貯めててよかった。

こうやって生きていくためには、マイルが役に立つことをあらためて認識しました。

また、貯めていきたいと思います。

うたぞー





法案通ったからって、どこでも出来るわけではないのが民泊の難しさ。

でも、日本がこんなつまらない規制で騒いでいる間に、アメリカでは

Airbnbとかウーバーとかが世界中からお金を集める仕組みを作って、

毎年何十億も個人や企業が納税している。

なんだかばかばかしくないか。

日本ってだめかもしれない。

今日は中国の大学生が泊まっています。





nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 1

kinkin

我が家も昨年親が亡くなったものですから、今年は新盆となります。
法要で、やはり7/13は会社を休みますね。
by kinkin (2017-06-11 06:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る